【レポート】スパイスについて

 

目次

 

 

種類や分類

参考にしている本【スパイシのサイエンス】にスパイスの定義について触れています。

 

「スパイス」を日本語に直してみるとその種類の多さが少しわかった気になります。

シンプルには「香辛料」。

「薬味」「香草」「薬草」「調味料」「香料」「山菜」「野草」「野菜」

などいろいろあります。

 

見方によって言い方が変わるので

・植物としての区分・・・・香草、薬草

・食品としての区分・・・・山菜、野菜

・料理としての区分・・・・薬味、調味料、香料、

と分類することもできます。

 

ハーブや山菜もスパイスです。

ハーブは、食用以外に染料、園芸材としての目的があるのが

スパイスとの大きな違いのようです。

 

スパイスに絶対的な定義があるとしたら

動物性のものではなく植物性で、薬ではなく食品

であること、らしいです。

 

確かに納得いきます。

 

スパイスを知るには、植物学的な分類をしてみたら何か発見がありそうです。

持っている成分を知るのも面白そうです。

記事を書く際は、注目してみようと思います。

 

 

 

機能

スパイスの機能は4つあるようです。

・香り

・辛み

・色つけ

・臭み取り

 

全てのスパイスは4つの機能のいずれかが必ずあるそうです。

機能についてもそれぞれのスパイスで調べてみようと思います。

 

4つの機能の中でも料理においては「香り」が重要そうです。

確かに鼻をつまんでインドカレーを食べると物足りなさを感じます。

香りのもとは、多くは精油成分です。

確かにコーヒーや紅茶、油に香料を移して、楽しんだり調理に活用します。

 

お酒などの液体に様々なスパイスを溶かしてみるのも面白いかもしれないです。

試してみようと思います。

 

 

 

歴史

スパイスに興味を持った理由でもあります。

 

ミイラの防腐剤から始まり、食用に使われるようになりました。

インドで取れるスパイスが西側に渡り東西の交流が始まりました。

そして、スパイスをめぐり戦争が起きたり、アメリカ大陸の発見に繋がりました。

(スパイスだけが目的ではないと思いますが。)

アメリカ大陸の唐辛子が流通し、食文化に変化がおきました。

 

スパイスから歴史を知るのも面白い観点かなと思っています。

 

 

 

生育環境

実家が農家ということもありまして、興味があります。

 

どのような環境で育ち、いつ種まきして、いつ収穫するのか。

 

いつか自分で育てた植物からとったスパイスで調理、

みたいなことをチャレンジするためにも調べておきたいです。

 

 

 

 

では。